東武野田線 藤の牛島の桜

今年は桜の開花が遅いです。しかも天候不順で、何度も予定を変更しての花見でした。
今回はかっちんさんが同行してくれました。場所は、東武伊勢崎線春日部から東武野田線でひと駅、藤の牛島駅の近くの川です。2010年に来たことがあり、2度目の訪問です。
土手沿いに桜並木が広がっていてきれいでした。日曜日だったので、花見に来ている人が多かったです。

春日部から野田線です

乗り換えるために、東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の春日部で降りて、野田線(アーバンパークライン)のホームに行きました。すると大宮行のホームに古い塗装の車両が停まっていました。ヘッドマークに「メモリアルトレイン」と描いてあります。
後日調べてみると、この車両は東武博物館が保有する動態保存車8000系8111編成で、昨年10月に野田線での運用を再開したそうです。珍しい車両を見ることができました。

私は7番線の柏行の電車に乗ります。
東武博物館が保有する動態保存車でした 柏行の電車に乗りました

ひと駅乗って藤の牛島に到着。春日部からは単線なので行き違い電車との交換です。かっちんさんとはホームで合流しました。
春日部からは単線です 行き違い電車との交換です

藤の牛島の駅から歩き出します

改札を出て、線路沿いに歩きます。
改札を出て線路沿いに歩きます


車が多く行き交う道路を渡ったところにあるコンビニで食料を調達。
そして住宅地をぐるりと迂回して河原に向かいます。

河原に着きました(A地点)

河原に着きました。この場所は2010年に来たことがあます。その時と変わっていない景色です。きょうは日曜日なので、たくさんの花見客が来ています。
河原に着きました

鉄橋の下をくぐって反対側に行くことにしました



線路の向こう側に渡れそうな橋が見えます。

鉄橋の下をくぐって行けそうです。行ってみます。


線路の下は1m50cmくらいしかありません。頭をぶつけないように気を付けて、反対側に出ました。

線路の反対に行きました(B地点)

線路の下をくぐって反対側に出ました。その先に、人が渡れる狭い橋があります。
その橋の上からは、桜と電車の影が川に映り、空には白い雲。とてもいい花見日和です。
桜と電車の影が川に映り、空には白い雲がきれいです

対岸に出ました(C地点)

土手に降りて川沿いを歩きます。最初に河原にたどり着いたA地点の対岸、C地点です。この場所で、先ほどコンビニで買ってきたパンを食べることにしました。食べる前に、まずビールで乾杯です。

地面に座っていても、土手の上に線路が見えます。立ち上がらずに写真が撮れました。
食事をしながら写真が撮れました

ここから線路と反対側、E地点付近を見たところです。対岸には桜並木がずっと続いています。
対岸には桜並木がずっと続いています

土手の下に降りて川に近づいてみました。のんびりと釣りをしている人がいます。川はとても静かで、流れていないように見えます。古利根川なんだそうです。
川はとても静かで、のんびりと釣りをしている人がいます

橋を渡ります(D~E地点)

線路と反対方向に歩いて行きます。こちら側は桜がちょっと途切れていて、そのまま進むと広い道路に出ました。右側にはショッピングセンターが見えます。
D地点の橋の中央からは正面に線路、そして両側に桜並木。とてもきれいです。
橋の中央からは、川の両側の桜並木がとてもきれいです


橋を渡り切って、再び土手に降りました。E地点です。桜並木が続いています。
再び土手を歩きます

元の場所に戻りました(A地点)

スタート地点に戻ってきました

電車は10分間隔で来るので、飽きません。

写真を撮りながらぶらぶら歩き、スタート地点に戻ってきました。



時間は4時を過ぎました。きょうはこれで終了です。


大宮まで出て、反省会となりました。

inserted by FC2 system